よくあるご質問

よくあるご質問

設計料はどのくらいかかりますか?

設計から監理まで含めて、新築住宅の設計では総工事費の10%です。特殊な構造設計が必要な設計の場合、別途構造設計料をお願いする場合があります。
また地盤調査費用(3万円程度)、確認申請手数料(1~3万円程度)、完了検査手数料(2万円程度)は別途となります。
総工費が少ない場合や内装デザイン設計などの場合は作業時間に対する積算でお願いする場合もあります。
あくまでこれは目安ですので、ご相談内容や業務範囲など状況に応じてご提案をさせて頂きます。

設計事務所について良くわからない、まずは話だけ聞いてみたいのですが。

過去の実例などを例に、どのような進め方をするのか、お考えの事例に対し設計事務所が関わることがどのようなメリット・デメリットがあるかなどお話しさせて頂きます。
敷居が高いとよく言われますが、身近な建築相談場所と思って、お気軽にご相談くださいませ。

提案を見て、説明に納得してから設計契約をしたいのですが…。

設計契約は通常、数度のお打合せを頂いて、その中で案のご提案をさせて頂き、また今後の設計の進み方などのご説明をさせて頂き、納得して頂いてからの設計契約となります。

どこからお金がかかりますか?

建築に関する事前相談、設計に関する具体的なお問い合わせなどのお打合せにはお金がかかりません、お気軽にご相談ください。
初回提案にはプランニング料として3万円(税別)の費用を頂いておりますが、設計監理契約を頂いた場合には初回提案費用も全体設計料に含まれますのでその金額を差引かせて頂きます。

業務エリアはどこまでですか?

問いません。
ただし、拠点が札幌ですので、遠方の場合は打合せ・監理などで伺う回数に対して別途交通費(実費+α程度)をお願いする場合があります。

ところで、ハウスメーカーでお願いしたら設計料はかからないですよね?

いいえ、一式の金額に入っているため目に見えていないだけで、当然ですが図面を書く作業、確認申請を出す作業、現場をチェックする費用などに時間がかかっていますので、設計監理費用は発生しています。
設計管理者と施工者を分けることにより明快なコスト調整、また施工に対する第三者機関として安心できる適性なチェックが出来ます。

設計監理料の支払いのタイミングは?

3回に分けてお支払頂く事をお願いしています。
1回目  設計契約時  設計監理料の1/4
2回目  実施設計完了時  設計監理料の1/2
3回目  監理業務終了時(お引渡し時)  設計監理料の1/4
スケジュールなど状況によりますので、案件ごとにご相談ください。

実施設計や監理は無しで、建物のコンセプトや平面プランだけを作ってもらう事は出来ますか?

可能です。
最初から最後まで一つの目で関わっていくのが本来は理想ですが、それに限らず、どのようなスタンスで関わらせて頂くのが各お施主様にとって一番メリットがあるかなども含めアドバイスさせて頂きます。
設計事務所というものがどんな仕事をしてくれるのか、業務範囲がわかりづらい所もあると思います、お気軽にご相談ください。

土地選びから相談することはできますか?

もちろん可能です。
周辺環境をお施主様一緒に確認し、どんな魅力的な空間を設計できるか、どんな風景を室内に取り込めるか、近隣の建物がどの季節にどんな影を落とすか、また、法的な視点でも土地にどんな建物が建てられるかなどの確認をさせて頂きます。
土地選びから関わらせて頂く方がお施主様と実際に敷地に立って話して向かっていくイメージを共有できるのでむしろ望ましいです。

施工者を紹介してもらう事は出来ますか?施主側から施工者を指定することはできますか?

可能です。
弊所で実績のある、腕のいい・コストが適正な施工者をご紹介することもできますし、お施主様から施工者をご指定いただく事も可能です。
基本的には2~3社程度での相見積とし、競争で金額を決定します。
内容次第ですが、施工者一社と膝詰めで計画を詰めていく場合もあります。

設計を依頼してから建物が建つまでどれくらい期間がかかりますか?

全体で12か月前後とお考えください。(別図スケジュール)
長い、と考えられる方が多いと思いますが、この時間は「一生分のお金をかけて、これから数十年という長い期間を過ごす場所の検討にかける時間」と考えてみてください、ほんの数か月や一年が長いと思われるでしょうか?
全ての要素を納得しながら決めて行くこと、「大変だったけれど楽しかった」と、必ず思える時間です。
時間をじっくりかけて一緒に考え、想像して、納得して建てる、これこそが設計事務所と共に建築するメリットです。
竣工までのスピードが求められる店舗などのインテリアデザイン設計など場合集中的に業務を行い、短期間で進める場合もあります。

設計事務所・建築家に依頼すると高いものになるのでは?

コストに関しては勘違いをされる方が多いのですが、高くはなりません、1000円の物は建築家に頼んでも1000円です。
逆に、魔法のように1000円の物を500円で買う事も出来ません。
全てが自由なため、全ての要素をお施主様の納得するまでご提案する事になり、積み重ねた結果として予算より高くなる場合も、低くなる場合もあるでしょう。
それは納得して頂いて、結果的に他の人から見れば「予算と違ったように見える」金額ですが、設計が終わった後のお施主様にとっては費用対価値として納得した物なので無駄な金額はありません。
自由に設計ができるという事は、お金のかけ所であったり、逆にローコスト建築にするためには「お施主様にとって費用以上の価値があるもの」を選び出すためにはどうすればいいか、お施主様の持つ与条件に対して自由に提案、設計ができるという事です。

設計事務所・建築家に依頼するメリットはなんですか?

お施主様の夢をかなえるデザイナーでもあり、
話し合い、一緒に考え悩み答えを見つけるアドバイザーでもあり、
確かなものを間違いなく建てるための法的・技術的な第三者チェック機関でもあります。
建築の専門家として、お客様の代理者として、最高の建築を得るためのパートナーと考えてください。

設計事務所と家を建てたい、まずは何からすればいいの?

まずはおおまかな総体予算の決定と敷地の選定からスタートです。
身近な金融機関などで、将来的なご家族のライフスタイルに対しどの程度の予算を住まいの総計としてかけられるか相談してみてください。仮に大まかな目安が分かればまずはOKです。
敷地に関しては設計事務所に頼む段階で決まっている方と、これから探す方がいらっしゃいますが、別記の通り設計事務所に相談しながら探すことも可能です。
まずはお気軽にご相談ください。

建築無料相談