ガラス二重天板のキッチン

計画年2014
協賛クリナップ札幌
CG制作recess.hokkaido
※札幌デザインウィーク2014 UN40「キッチンのある風景」として札幌駅地下歩行空間にて出展

料理をするとき、スマホやipadのタブレットでレシピサイトを見ながらだったり、料理本を片手に…という状況があります。そんな時いつも、それらの置き場がない事に困っていると思います。
仕方がないからシンクのへりに落ちないか気にしつつ置いてみたり、炊飯器の上に置いてみたり。
結果スマホや本に汚れがついてしまったり、ぶつかって床に落としてしまったり…。
これは「水場だから仕方がないか」とあきらめながら日々無意識にストレスとしている問題です。

このキッチンは、天板が二重になっており、濡れたり汚れたりしたくないものは下の段へスッと差し込み、通常の調理作業は上の強化ガラス天板上で行います。
これであれば置き場に困ったり、汚したりせずにレシピを眺めながら作業が出来ます。
さらに一段低くなったところは下ごしらえした食材やこれから調理する食材を一旦おいておく所、盛り付け途中のお皿を並べても良いかもしれません。
「キッチンの天板には場所もないから置きたくない…それでいて近くに汚さず置いておきたい」
キッチン周りでの、矛盾しつつも日常よく起こりうる状況を解決する、細かなストレスをちょっと減らして楽しく料理が出来るキッチンのアイディアです。

works一覧へ

建築無料相談