建築の考え方Concept

なぜ家を建てようと思いましたか?

その場所を造り、どんな時間を過ごしたいですか?
そこには誰がどんな様子でいますか?
そこでどんな豊かな出来事が起こりますか?

本当に目的とすべきなのは「室数+オプション」の既成概念の箱などではなく、
今まさにあなたが心にイメージした、
「良い環境と空間に囲まれた豊かな時間」を得られる事です。

メニューのないレストラン

建物づくりはすべてが唯一で一生に一度の出来事です。
いくつかしかない既存のメニューの中から選ぶだけでよいと思いますか?
人それぞれに個性があるように、建物もそれぞれに違ってよいはずです。

わたしたちはメニューのないレストランのように
施主様一人ひとりの個性を映し出した、その人のためだけの空間を考えます。

同じベクトルに進む空間づくりのパートナー

「素晴らしい空間を手に入れて、そこで豊かに過ごしたい」
「素晴らしい空間を作り、そこで過ごす人に豊かな時間を過ごしてもらいたい」
施主様とわたしたちは到達点を同じくする一つのチームとして、同じベクトルで進みます。

過ごす人がどう感じ、どう人や出来事と接し、どんな心地よい日々を過ごすか。
一緒に話し、先入観を取り払い、それらを一つ一つ丁寧に考えていく、
空間づくりのパートナーがわたしたちです。

打ち合わせには「なぜ?」をお持ちください

「なぜ?」この空間を作りたいのか、
施主様が大切にしていることを先入観なく出し合い、
時間をかけ一緒に考えます。

「なぜ?」を出し合ってたどり着くものが、
本当に個性的でオリジナリティのある、
施主様にあった唯一の空間になります。

素晴らしい空間と喜ぶ顔を見るために

わたしたちはもの作りが好きで設計を行っています。
そしてそれにより喜んでもらう事がわたしたちの望みです。
それだけがわたしたちが建築を作るシンプルな理由です。
モデルハウスが無く営業マンがいないのは、全ての物件がオンリーワンだからです。

作り手が施主様と顔を向き合わせ語り合い、共に考え、一つ一つに真剣にベストを求め、
最高の結果を作り手自身が責任を持って手渡しし、施主様と喜びを分かち合いたいのです。

快適な空間

富谷洋介建築設計が考える「快適な空間」とは、「使う人、住む人の生活、人生が豊かになる空間」です。
建物を建てることはすべてが唯一無二の出来事ですから、このことは、とても大事なことだと思います。
しかし一般に多い建物にはこの「快適さ」はあまりしっかりと考えられていないように感じます。

例えば住まいを検討する場合、一般的に何が条件に挙がるでしょうか。
「広いリビングが南側にあって、子供部屋が二つに、寝室が一つ、両親が泊まりに来るから客間が一つにトイレが二つ、アイランドキッチンが良い…」、そして、それだけの情報を元に建物が作られがちです。

もちろんそれは必要な条件ですが、それだけの条件により快適な空間ができる十分な条件ではありません。
空間に居るという事は、そこに滞在する人たちが時間を過ごし、出来事が起こり、感情を動かすという事です。
人の視点、日夜の時間の経過、素材の触り心地、経年変化による豊かさ、家族の変化、四季のうつろい、周辺環境との関わり、自然との関わり…与条件の中でよりよく、より最高を目指すには時間をかけ考えるべき条件は本来無限にあります。

単純な必要条件だけでその答えが出るはずもないのですが、建売住宅や分譲マンションといった多くの建物が「室数が多い+LDK=豊かさ」という、戦後の住宅大量供給政策と経済性の論理から短時間に、考え少なく作ることが出来るシステムになっており、多くの人もそれに慣れてしまっているため、ほとんどそれらが日本の街を形作っています。

わたしたちがつくるのはそういった「平均値的な快適さの空間」ではなく、施主様に一人ひとりに合った「快適な空間」です。

バランスの良いデザイン

富谷洋介建築設計が大切にしている、特徴ともいえる設計の考え方に「バランス」があります。建築家の設計した建物は、写真で見ると素敵だけど使いづらかったり、冬寒かったり、メンテナンスも大変なのではないか?というイメージがあると思います。
私たちは「デザイン性が高く、素敵でおしゃれ」な場所を作るのが目的なのではなく、「建てる人が豊かな心になり、永く使う事が出来る」空間をデザインするためにはどうすべきかと常に検討しています。

そのためには断熱性・気密性、それに伴う省エネルギー性、メンテナンス性、使い勝手をないがしろにしては「永く」使うことは難しくなります。しかしながら機能や性能の合理性ばかりを目指し美しくなく、人が居て心地良く居られない空間デザインでは精神を「豊か」に過ごすことは出来ないと考えています。

また、使う人同士の関りにおける最善のバランスを見つけ出すというのも設計者の役割の一つと考えています。
住まい一つをとっても、ご家族でも建物に求める条件は千差万別、それぞれに求める条件が違います。個性的でモダンなデザインを求めるご主人、機能性ある優しいデザインがお好きな奥さま、畳の小上がりで寝転びたい息子さん、友達を呼べる部屋にしたい娘さん…。誰かが諦めて前に進むのではなく、お一人お一人の要望を汲み取り、ご家族それぞれの要望がバランスよく調和した住まいとは何なのかをじっくりと一緒に話し合って最適解を見つけ出します。

誰のために、何のために、どのように造るのか。固定観念に縛られた形式ではなく、本質的に何が一番大事かを一から一緒に考える事が良い結果を生むと考えています。

求められるものは周辺環境・気候要因・住まい方・家族、一つ一つに条件が異なります。
富谷洋介建築設計ではそれらを十分に検討し、断熱性・気密性といった暖かな温熱環境(それに伴う省エネルギー性)はベースとしてハイスペックを担保し、家事や実生活の中での使い勝手・また家族の成長によるフレキシブル性・素材のメンテナンス性の考慮など実用性をよく考慮し、それら基本条件をクリアした上で空間の豊かさ・美しさ・時間を過ごす楽しさを検討し、総体コストの中でバランスよくご提案し設計を行います。

そこに存在する方々の人生に対し最も価値の高い建築をバランスよくデザインすることを目指しています。

一緒にじっくり考え、一生の誇りになる、あなただけの唯一の場所づくりをしましょう。
まずはお気軽にご相談ください。

設計依頼・ご相談・ご質問・お問合わせはこちら

建築無料相談