最新情報

2018.8.30 現場進行状況ブログお知らせ

2組の階段が組み上がり、足場が外れ外観が現れました[北区の住宅]

北区の住宅は工期が後一か月を予定しており、大工工事が終盤、現場は一部仕上げ工事に入っています。

 

内部では鋭角に折り返す2種の造りのスケルトン階段が組みあがっています。

今回の空間のポイントとなっています階段、吹き抜けを螺旋状に上がっていくような緩やかな階段、登り心地も滑らか・ゆったりでよい感じ。

階段の苦にならないスムーズな登りやすさは生活の中での2階と1階の近しさを高めてくれます。

弊所では階段の角度や踏み幅・蹴込高さにはこの範囲にすると登りやすい、という過去の実績から決めている階段の寸法の範囲があります。

それより急だと上り下りが少しずつ億劫になるし、それより緩いと登るのが遅くて生活動線の感覚としては少しモタつく、微妙なところなのですが、大切なところです。

 

床高さがいくつかあるスキップフロアのような構成…リビング周りの階段を含めた空間はコンパクトですが上下方向の空間伸びも加わり、楽し気な暮らしの動きが浮かびます。

北区の住宅 階段組上がり

北区の住宅 階段組上がり

内装も各所クライアント様とお打ち合わせを重ねさせていただき、今回は黒・グレーと言った濃系の色に、ベースはホワイト・木白染色が組み合わさり、全体としてモノトーンな落ち着いたモダンなインテリアになります。

 

メイン床はナラ無垢フローリングに着色塗装。

北区の住宅 カラースキーム

外部足場も外れ、外観全景も現れてきました。リビングの2層の大窓がアクセントとして透明感を建物に加えてくれています。

外回りは器具付け、塗装工事、外構工事、カーポート工事などが随時進みます。

北区の住宅 外部足場が外れました

 

クライアント様のご厚意により、設計事務所による家づくりをお考えの方に向け見て頂けるよう、9月後半にオープンハウスを予定しています。

詳細はまた後日ブログでご報告いたしますので、ご興味ある方はまたブログをチェックくださいませ。

 

 

お問い合わせはこちら 富谷洋介建築設計

back to a list

建築無料相談