最新情報

2019.12.9 現場進行状況ブログ

風景を望む住宅、建方工程が進みます【Project KA】


気づくと師走も1週間が過ぎていますが、札幌市で監理中の注文住宅【Project KA】は建方工程が終わり、工事が進んでいます。









クレーンで大梁を吊り上げ、一気に建て方が進みます。プレカット図でしっかりと先んじて検討、打合せを重ねることで現場での間違いがほぼなくなり、建て方施工が迅速かつ正確に進みます。













北側方向、手前の森と遠方の山のスカイラインとが同時に望める敷地、とても恵まれた敷地周辺環境です。





屋根はフラットな無落雪屋根を塩ビシート防水。旧来の板金の無落雪屋根のようなすが漏れの可能性がない信頼性の高い屋根防水です。





根雪の直前に気候の良い時期までに防水で覆えたのは冬施工の現場としては一安心。。。













金物検査、断熱検査と定期現場会議への参加を行い、監理をしっかりと進めます。













窓は近年のレギュラーメンバー、YKKのトリプルガラス樹脂サッシュ「APW430」、玄関ドアはオーダー木製サッシュメーカーのm.a.p社製(広幅のヒバ材羽目板にクライアント様こだわりの真鍮色の金物が取り付きます)開口部も漏れなくしっかりと断熱化をします。





玄関ドアとその周りの木羽目板外壁はオリンピックマキシマム/セミトランスパーレントの「ラセット」色。





深いグリーンのガルバリウム鋼板外壁材サンプルと現地色合わせをして決定、全体で引きで見て街並みとどんな調和をするかは足場解体時のお楽しみです。


back to a list

建築無料相談