最新情報

2020.4.18 ブログ

子供のための空間づくり


この自粛が必要とされるなか、 家族で家の中で過ごす時間が増えている方が多いかと思います。





就学中のお子さんがいるご家庭では、学校も休み・そして外出を少なく、となると家の中にはエネルギーの塊のような子供たちが体力を持て余しているのではないでしょうか。





…かくいう我が家の2歳の息子も、子供クラブもお休み、幼稚園も始まるかわからないという状況、先の予定に期待しても仕方がないかと家や散歩などで時間を過ごしています。





「子供のための空間づくり」と題してみましたが、今日はそんな昨今の状況もありますが、ご家族の中でも「子供」が建物を活かして楽しく過ごせる仕掛けという観点で実例をピックアップしてみました。





●梯子・ボルダリングウォール・雲梯で階をまたいで楽しむ「北窓の家」(写真 酒井広司)





”一階から右の梯子を上ると1.5階へ ”




” そして1.5階からはボルダリングウォールで2階へ ”




” 2階からはボルダリングウォールをつたい、雲梯へ手をかける ”









●中二階のスタディスペースからの子供部屋への抜け穴「中二階が繋ぐ家





” 階段を半階上がり中二階へ ”




” 左の壁に謎の開口が… ”




” 奥に設置された梯子を上ると子供部屋の床に抜ける抜け穴に”




” 隠し扉を閉めたときは何もないかのように ”




” 中二階はリビングと向き合える子供の勉強スペース ”









●芝生のようなくつろぎのベンチエリアのある「T字路の家」 (写真 酒井広司)





” 大きな窓のそばに広がる緑の塊… ”




” 大人数が溜まれるL型のベンチとしても、寝転ぶベッドとしても ”









●階段上の空きスペースを「く」の字の寝椅子&ロフトに「Slash」 (写真 水上ゴロウ)





” 無駄になりがちな空間にひと工夫することで生活を楽しめるアクセントに ”









●子供の身長に合わせたフリースペース「宮の沢の家」 (写真 酒井広司)





” 小さい子供の遊び場は天井が低くても?その分を他の空間の天井高さに?天井高さも自由です ”









●回遊性のある走り回れる空間「ロの字の家





” 回遊性ある造りは子供たちがエンドレスに走り回れる運動場でもあります”









なんでも玩具にして楽しむことができる子供。楽しく、創造性を育む、建物がそんな一助となると嬉しいですね。 また、子供達にも楽しい空間は大人にとっても面白いものです。





私も子供の頃は仕掛け(どんでん返しや隠し通路etc)がいっぱいの忍者屋敷の仕掛けが載った本を見てはワクワクしている子供でした。思えばそんな事が建物に興味を持つきっかけだったのかもしれません。





来客が目を丸くする忍者屋敷のようなギミックいっぱいの空間も楽しそうですね…。










弊所業務は三密にあたらない業務でありますため、全通常業務を行っておりますが、新型コロナウィルス(COVID-19)に対し、感染予防・拡大防止の観点から安全対策を実施しています。





・お打ち合わせ場所の常時換気の徹底、ソーシャルディスタンスの確保
・手指、打ち合わせ場所の消毒の徹底
・スタッフのマスク着用
・リモートワーク時間拡大による人員の移動の低減
・状況に応じ、電話やeメールや郵送、Web会議システムなどを活用した対面以外でのお打ち合わせへの積極的対応





平時では欠礼な事項もございますが、 ご理解、ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。





日々、 一人一人が一つ一つ、今出来る事を油断なくしっかりと行い、安心できる未来を造って行きましょう。





そして設計検討というものは多くが頭の中とPCの中で進みます。しばらく先の明るい未来を見据え、ブレずにしっかりと計画を進めていきましょう。





富谷洋介建築設計へのお問い合わせはこちら

back to a list

建築無料相談