最新情報

2014.12.4 現場進行状況ブログ

札幌市西区の住宅 地中熱ヒートポンプボーリング工事


札幌市西区の住宅は地中熱ヒートポンプボーリング中。





地中熱ヒートポンプシステムとは、地中の、ある一定の平均温度を持つ層から熱を取り出し利用する設備で、省エネルギー性がかなり高いのが特徴です。まだまだ小規模建築では採用が少ないですが、近年利用が少しずつ増えています。





image




(日伸テクノHPより転載)





↓環境省ホームページ






https://www.env.go.jp/water/jiban/heatpump-sys_pamph.pdf




今日は地中熱の採熱管用のボーリング工事の状況を確認してきました。掘り進めると敷地は岩盤が多い硬い地盤だそうです。





image




image




この住宅では地中熱ヒートポンプで温水を作り、セントラルヒーティングの温水床暖房・ロードヒーティングを行います。熱負荷計算により必要な採熱管の長さと深さが設定され、70mのボーリングを2本、敷地内の駐車スペース予定部の真下で行います。4日間に渡りひたすら掘り続けます…。





地中熱の施工は日伸テクノさん。





image




image




発電機でポンプを回し水を送り、ボーリングした先の砂を汲み出しています。





寒空の寒風吹く中付きっ切りでの作業、お疲れ様です。





image




基礎の型枠も脱型され、室内側に見える予定のコンクリート打ち放し部分もビシッと出来ていて一安心。





来週からの建て方が楽しみですね。


back to a list

建築無料相談