最新情報

2020.5.7 ブログ

テレワーク/リモートワーク対応の住まい


ちょっとこの間、社会情勢に関連してそこから繋げた投稿が増えてしまっていますが…、より人と接触しないことが求められる昨今の情勢から、仕事もテレワーク(リモートワーク・在宅勤務・在宅ワークなど様々呼ばれますが)自宅で仕事をし、情報はネットや電話経由でやりとりし人は移動しないことが推奨されます。
かといって急に家で仕事する事になっても環境が整わなくご苦労される方も多いでしょうか。
現在弊所も極力可能な時間は在宅で仕事を行うようにしていますが、生活とのメリハリの付け方や子供との距離感など、在宅ならではの苦心もありますね。

そんな事から、過去の設計事例の中で、ワークスペースのある住まいをピックアップしてみました。※本来の目的は子供の勉強スペースや家事デスクだったりする場合もありますが。










【キッチンの近くに配置したワークコーナー】
キッチンの近くにあるワークスペースは、家事を兼ねやすく、合理的な配置と言えると思います。日常の中では書き物やPCで調べ物をしながら家事を行ったりする場所になったり、子供が勉強をする場所になったり、軽食をする場所になったり、多用途に便利に使用ができます。





●「Four Decks」の場合





キッチン天板と同じ高さのワークカウンターが連なる。




風景を見下ろせる窓から、緑や空が見える。夜景が見えるBarカウンターとしても。




●「宮の沢の家」の場合





キッチンから3段下りて下がった場所に、高さでエリアを分けたワークカンター。




●「六角形の家」の場合





キッチンの横に家族全員が同時に使えるほど大きなカウンターデスクを。









【リビングの一角に配置したワークコーナー】
リビングの一角にワークスペースがあると、家族が過ごす主要スペースでともに時間を過ごしながらデスクに付くことができます。(小さいお子さんがいたりするとなかなか仕事になるかどうかは難しい場合もありますが…)
カウンター周りは書類や配線で雑多になりがちですので、空間は共用しつつそのあたりをうまく隠せるかも大事ですね。





●「Unison」の場合





階段を半階上がった踊り場を拡張した二人分のワークスペース。




キッチン・リビングとの距離感。




●「中二階が繋ぐ家」の場合





テレビ上のリビングと対面する場所がスタディデスクになっている。




逆方向から見下ろし。









【階段ホールにあるワークコーナー】
少しLDKと離れたところとなると、一つには階段ホールエリアはワークスペース(スタディコーナー、パソコンコーナーなどにも)に対応しやすい場所の一つです。共用し易いのと、廊下なので人が滞留しないので集中しやすい環境が造れます。





●「集光の家」の場合





曲面吹き抜けを囲むようにワークデスクがある。手元は隠し、立ち上がるとリビングを吹き抜けから見下ろし家族とコミュニケーションが取れる高さを狙った。




●「段差を繋ぐ家」の場合





階段ホールを広くとり、布団を敷けば客間、普段は物干しなどのフリースペースとした一角にデスクコーナーとした。




●「灯台の家」の場合





階段ホールを少し広くとりデスクコーナーとした。光と眺めを得られるワークスペースとして使い易い。









【小さな個室になったワーク専用室】
書斎のような個室になっていると、音も閉じたミニオフィスのような環境が得られ、仕事に集中する環境としては理想的です。生活を旨とする住宅において広いワークスペースを取るのは難しい場合も多いですが、1畳の押し入れほどのスペースでもPC業務を中心とした仕事であれば十分事足りる場合も多いかと思います。





●「集光の家」の場合





(本来用途は家事・書き物等の室ですが)PCや電話・資料など並べやすいなどL型カウンターに書棚、窓もあり扉を閉じると理想的なミニオフィスに。




●「六角形の家」の場合





1畳強ほどの小さな書斎。籠って集中できるコンパクトな室。




●「中二階が繋ぐ家」の場合





スキップフロアの下を利用した、背の低いワークルーム。椅子に座ると頭がぶつからない高さ。




これから以降、仕事の形態がこれをきっかけに変化すると考えられ、テレワーク・リモートワークにも柔軟に対応できる住まいの形が重要になってくると考えられます。
・新築時点で住宅にテレワークスペースを設置する。
・既存の1室、若しくは部分をテレワークスペース対応へと改修する。
などの必要性が増えると考えられます。
リモートワークスペース対応の新築計画、また現在のお住まいを対応させるためのリフォーム計画のご相談もお受けしております。ご相談ください。










弊所業務は三密条件にあたりませんため、通常業務を行っておりますが、新型コロナウィルス(COVID-19)に対し、感染予防・拡大防止の観点から安全対策を実施しています。
・お打ち合わせ時の換気の徹底、ソーシャルディスタンスの確保
・手指、打ち合わせ場所の消毒の徹底
・スタッフのマスク着用
・リモートワーク時間拡大による出社による外出・移動の削減
・状況に応じ、電話・eメール・郵送・Web会議システムなどを活用した対面以外でのお打ち合わせへの対応





●打合せ・相談をご希望の方はオンラインでの対応が可能です。

この時勢、外出は最低限にしたい、でも建築の検討は予定通り進めていきたい、という方も多いと思います。

弊所ではソーシャルディスタンス確保しながらの打ち合わせ進行のため、PC、スマホ、タブレット等を活用したオンラインでのお打合せ・相談を積極的に対応しています。
Zoom、Skype、Facebook Messenger、LINE等、各アプリケーションに対応可能です。
利用が初めての方も打ち合わせ事前に使い方をご案内しますので、お気軽にお問い合わせ下さいませ。










【建築無料相談のご案内】

設計事務所での家づくり・建物づくりをお考えの方を対象に、相談会を開催しています。
「家づくりをしようと思ったが何から始めたらよいかわからない」、「設計事務所の家づくりってどんなもの?」、「まず一度話だけでも聞いてみたい」という方にお勧めです。

<開催予定日>

■5月16日(土)10時~ 〇
■5月16日(土)14時~ 〇
■5月17日(日)10時~ ×(予約済み)
■5月17日(日)14時~ 〇
■5月23日(土)10時~ 〇
■5月23日(土)14時~ 〇
■5月24日(日)10時~ 〇
■5月24日(日)14時~ 〇


その他日程、平日も対応可能ですのでご相談ください。
ご希望日時・ご連絡先を記載の上以下お問い合わせフォームよりご予約下さい。
※上記各アプリケーションを利用したオンラインでのご相談も可能です。





富谷洋介建築設計へのお問い合わせはこちら

back to a list

建築無料相談